留学生インタビュー

ドルフィントレーナー専攻

さん(韓国出身)
自分の夢に向かって

就職&デビュー
  • ■卒業年度: 2013年度
  • ■就職先会社名: ロッテワールド
  • ■職種: ドルフィントレーナー
【就職までの道程】

 私は韓国の釜山アクアリウムでペンギンや魚を飼育したことがありましたが、水族館の生き物についてもっと詳しく知りたかったので、大阪コミュニケーションアート専門学校に入学しました。最初はアクアリスト専攻を志望していましたが、水族館で働くためには魚だけでなく海洋哺乳類の勉強も重要だと思い、ドルフィントレーナー専攻を選択することにしました。学校での授業や色々な場所での研修を通して、本当に多くのことを学ぶことができました。一年生の後期に韓国のロッテワールドに水族館が建ち、イルカのトレーナーを募集すると聞き、履歴書を送りました。その後、二回の面接を受けて無事に内定を頂くことができました。現在、インターンシップとして、ロッテワールドで、ベルーガトレーナーとして研修をしています。来年の水族館オープンまでに、飼育だけではなく、運営の仕事もできるよう、今は水族館全体の仕事をしています。私は今34歳で、他の人よりスタートが遅かったので、いつも不安でしたが、違いました。自分の夢に向かって一生懸命進めば夢は必ず叶えられる事を学びました!これからもプロのドルフィントレーナーになるために、初心を忘れず、頑張っていきます。

一覧へ戻る
PAGE TOP